ページトップへ
スポーツ中にケガをした

スポーツをしていてケガをしてしまった

スポーツを行っていた際に、不幸にもケガをしてしまった。
この状態を【スポーツ傷害】と言います。

スポーツ傷害とは、スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)と
スポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の総称として使われる言葉ですが、
ここでは スポーツ外傷スポーツ障害のそれぞれについて簡単にご説明いたします。

スポーツ外傷

1回の強い力で起るケガ

運動中に人とぶつかったり、勢いよく転んだりした場合等、強い外力によって起るケガです。
からだに働く力が大きく、けがの重症度も高くなってしまうことが多い事が特徴です。
この場合の治療は、局所の治療にあわせて、ケガ以外の部分の持久力や筋力などの機能を落とさないトレーニングが必要となります。
ケガの原因の背後に身体的な特徴や運動のくせなど身体的問題が無いことから、ケガの治癒が確実に得られ、後遺障害が少なく、筋力や可動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多い外傷です。

スポーツ障害

使いすぎ (オーバーユース)で起る慢性の障害

一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起ります。 
針金を繰り返し曲げると折れてしまう金属疲労をイメージしていただくと解りやすいかもしれません。
症例としては、腰痛、疲労骨折、投球肩、テニス肘、ジャンパー膝、シンスプリントなどがございます。
多くの障害には「誤った動作の繰り返し」や「姿勢」など明らかな原因が見つかりますが、本人や指導者も気付かない運動方法や運動時間に問題が認められる場合もあります。
障害には必ず原因がありますので、一旦発生すると経過が長くなりやすいことなどから運動開始前後のメディカルチェックや日頃からの運動器のケアを心掛け、何よりも予防することが大切です。

当施設で行える治療提案

当院では患部の治療は勿論、ケガの状態やケガの発生仮定を丁寧にヒヤリングして、最善の治療・予防・改善をご提案させていただきます。

SUZUKI HEALTH PLANNING は「完治」を
最終目標としたカラダのための総合施設です。

炎症を無くし、痛みを取り除くことが、治療であると多くの方は考えます。
しかし、痛みを取り除いたところで、再発の可能性が残っている場合、それは「完治」であると言えるのでしょうか?
私たちはカラダの根本的な治療を第一優先に考え「再発しないカラダづくり」を提案しつづけます。
また、今よりもより良い生活が可能となるような理想的な姿勢やカラダの動かし方が可能になれるようステップアップを提案し、お客様がより良い生活を送れるように努力しつづけています。
ケガをしてしまったことは確かに残念なことですが、ケガをきっかけにより良いカラダになれたと、当施設に通えて良かったと思って頂けるような施設を目指します。

すずき接骨院/幸田

〒444-0117 愛知県額田郡幸田町相見縄手下3
TEL.0564-83-7393
【診療時間】
午後1時〜9時
土曜日のみ完全予約制
【交通事故治療専門】

[訪問リハビリ]
[デイサービス]

COPYRIGTH(c)SUZUKI HEALTH PLANNING.ALL RIGHT RESERVED