ページトップへ
普段スポーツをしている10代〜20代の学生

普段スポーツをしている10代〜20代の学生

スポーツをしていて起こる痛みの多くは「急性」「亜急性」という
痛みの症状に分類されます。
10代〜20代のスポーツをしている学生に多くみられるのが打撲捻挫といった症状です。

急性の疾患

早期治療が必要な場合

「急性」とはいわゆるケガと呼ばれるものです。スポーツをする方に多いケガで捻挫があります。捻挫とは、不自然なかたちにひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすと、その部分が腫れてきます。
特に捻挫をしやすいのは、足首や指などで、実は突き指も捻挫の一種なんです。こうした炎症、傷などの刺激によって発痛物質というものが作られ、痛みが発生します。また、打撲なども同じように、棚で頭を打ったり、机に太ももをぶつけたりするような日常のささいな出来事で起きます。スポーツが原因となる打撲も多く、なかでもサッカーやバスケットでの接触事故で起こる確率が高いです。
そんな急なケガをしてしまった時に、試合が近づいていたり、どうしてもこの日までに治したい!という場合があります。
当院では、特殊な機器を使用し、早期に炎症・腫脹を減らすことができますので、お気軽にご相談ください。

亜急性の捻挫

再発防止のために

特に捻挫になりやすい部位は足首です。捻挫は靭帯が弛んだ状態になるので、この不安定な状態で、歩行やスポーツを続けてしまうと、
一度治ったと思った捻挫が再発しやすくなります。これが、靭帯に捻挫の癖がつくという現象です。
捻挫の予防は、それぞれのスポーツの正しいフォームを身体に覚えこませることが重要になってきます。
なぜなら、自己流のフォームで無理な体勢になっている所に負荷が掛かることが捻挫の主な原因となるからです。
当施設では、個々のスポーツ競技や、個人の状態をしっかりとカウンセリングし、一人ひとりに合ったトレーニング方法を提案しています。
また、営業時間外でも急な傷害や事故などでカラダを痛めてしまった場合も対応致します。
当院では、できる限りのご提案をさせて頂きますので急患・往診もお気軽にご相談ください。

当施設がご提案しているトレーニング

当院では純粋な競技パフォーマンスアップはもちろん。ケガをしてしまった方が二度と同じようなケガを起こさないようにする「再発予防プログラム」や「姿勢改善プログラム」もございます。

すずき接骨院/幸田

〒444-0117 愛知県額田郡幸田町相見縄手下3
TEL.0564-83-7393
【診療時間】
午後1時〜9時
土曜日のみ完全予約制
【交通事故治療専門】

[訪問リハビリ]
[デイサービス]

COPYRIGTH(c)SUZUKI HEALTH PLANNING.ALL RIGHT RESERVED